×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

  
日鉱記念館  にっこうきねんかん  2011/01/29他  茨城県日立市宮田町3585

記念館本館



1階  日立鉱山の鉱石。1981年76年の歴史を閉じた。最終発破による鉱石。

創業者久原房之助氏

天馬行穹(てんばくうをゆく) かつての日立鉱山の勢いを讃え揮毫されたらしい。

孫文の久原宛の手紙

日立製作所をつくった小平浪平氏の伺い書。 小平氏は久原鉱業株式会社に勤めていた。



地下  作業状況を示す模型

2階  鉱山のことを映像で説明してくれる。

大煙突の紹介コーナー 新田次郎の小説に書かれている。

最近のスポーツでの活躍

日本最古の地層 5億1000万年前の岩石  古生代  カンブリア紀  西堂平層  黒雲母片麻岩  常陸太田市長谷町〜高貫町

外   第一竪坑・・・深度600m

電気機関車。助電車。精錬所構内の輸送をおこなった機関車。

旧区原本部  日立鉱山開業当時、創業者久原房之助氏住んだところ。

苦心惨憺処・・・当時の苦労を揮毫したと思われる。

塵外堂 創業者久原房之助、物故従業員の霊を祀っている。







日立鉱山山神社













日立鉱山坑道断面

第十一竪坑・・・深度630m



第一竪坑鉱石巻揚機室

鉱山資料館 旧コンプレッサー室 

巨大なコンプレッサー空気圧縮機





さく岩機



竪坑鉱石巻揚機深度計と第十一竪坑巻揚機ギヤー



藤見斜坑人車  定員7名

鉱石標本

現在の大煙突。  かなり短めになっている。

いろいろなものが展示されていました。びっくりの連続でした。コンプレッサーの大きさ、さく岩機の種類の多さ。
繁忙期には、24時間助川駅(現在の日立駅)まで24時間専用電車が走っていたこと、電車は、普通の人が無料で利用できたこと等等、大変に勉強になりました。感謝いたします。
【記念館のかたのはなし】地下900mくらいまで掘った。現在、閉山となっている。閉山後も、掘ったところには、地下水がでる。
地下水をそのまま外部に排出できない。きれいな水にして排出している。閉山してしまっているので、お金を得ることはできないが、水の管理はやっていかなければいけない。