半夜 江戸 良寛
回首五十有余年 人間是非一夢中 山房五月黄梅雨 半夜蕭蕭灑虚空
はんや えど りょうかん こうべをめぐらせば ごじゅう ゆうよねん じんかんのぜひは いちむ のうち さんぼう ごがつ こうばいの あめ はんや しょうしょうとして こそうにそそぐ