静夜思  唐 李白
牀前看月光  疑是地上霜  挙頭望山月 低頭思故郷
せいやし  とう りはく  しょうぜんげっこうをみる  うたがうらくは これちじょうの しもかと こうべをあげて さんげつをのぞみ  こうべをたれて こきょうをおもう