山亭夏日 唐 高ベン
緑木陰濃夏日長 楼台倒影入池塘 水精簾動微風起 一架薔薇満院香

緑木陰濃かにして夏日長し 楼台影を倒にして池塘に入り 水精の簾動いて微風起こり 一架の薔薇満院香し
さかていかじつ とう こうべん
りょくじゅ かげ こまやかにして かじつ ながし ろうだい かげをさかさまにして ちとうにいる
すいしょうの れんうごいて びふうおこり いっかの しょうび まんいん かんばし
夏の日は長く、その日差しは強い。緑豊かな木陰は濃いものがある。
池の辺に有る楼台は、その姿を池に映している。
微かな風に、水晶の簾が揺れたとき、薔薇の香りが部屋の中に漂っている。