思恩師
月華流六十余年 恩師是非一夢中 会津八月久相許 只思再請導後進

月の光は六十年が流れ(先生は還暦を迎えられ)ました。
先生の今までのあれこれはあっという間の出来事のようであったことと思われます。
会津の八月に、久しぶりに先生お会いすることが出来ました。
先生が再び請われて後進の指導にあたって頂けることを只々願うものです。
(皆が先生にご指導いただくことを願っております。)