送別  王維

下馬飲君酒 問君何所之 君言不得意 帰臥南山睡 但去莫復問 白雲無尽時

馬より下りて 君に酒を飲ましむ 君に問う 何(いず)くにか之(ゆ)く所ぞと
君は言う 意を得ずして 南山の陲(ほとり)に帰臥(きが)せんと
但だ去れ復た問うこと莫(なか)らん 白雲尽くる時無し 

馬からおりて、君に酒をついでさしあげる。 ところでたずねるが、君はいったいどこへ行くのか。
君は言う、志を得ないから、南山のほとりに隠退してしまうつもりだ、と。
そうか、では行きたまえ、もうこれ以上何も聞くまい。 
君の行く南山には、白雲が永遠に尽きることなく浮かんでいることだろう。

石川 冬の詩100選 NHKライブラリーより