千天遺跡(ちてんいせき)  2012/09/01 茨城県東茨城郡大洗町神山町796番地 現地説明会に参加。
県教育財団が2012年1月から9月まで発掘調査。調査面積は6,700u。遺跡は、東に太平洋、西に涸沼を臨む標高約35mの台地上に広がる。
南部から、海に向けて、弥生時代、奈良時代、室町時代、縄文時代の集落跡がある。竪穴住居跡、縄文時代3軒、弥生時代14軒、古墳時代1軒、奈良時代8軒。

木があるあたりに涸沼がある。一面のさつまいも畑。

遺跡の海側。低地になっている。かなり近くまで水が来ていたと思われる。

縄文時代の跡。縄文時代の袋状土坑(ふくろじょうどこう)12基。袋状土坑は、狭い入り口の下に直径約2mの空洞が袋状に広がる。かなり深く感じる。

発掘境界のため、土坑の穴が発掘されていない。断面が見れる。断面には、土器か破片が見える。



袋状土坑から、漁具のおもりや石皿などが見つかる。

中部地方や東北地方などの特徴を持つ土器が出土。地域間の交流があった。水上交通と水産物で栄えた。

弥生時代の竪穴住居跡。土に、規則的に入っている縞模様は、かつてゴボウを採るために溝を堀った跡。

住居の中心に炉があった。柱穴は、楕円のかたちになっている。・・・奈良時代は丸。・・・弥生時代は、太い柱は困難だったので、数本の木で柱にした?

十王台式土器。

古墳時代

奈良時代。北側にかまどがある。



かまどの跡。

「大屋厨」と書かれた墨書土器

室町時代のあと。





和鏡「竹垣薄双鳥鏡」径9.8p。