×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

  
シベリア抑留関係展示会(しべりあよくりゅうかんけいてんじかい) 2012/08/11 茨城県久慈郡大子町大子22-1
シベリア抑留関係展示会  -世紀の悲劇を銘記し、永遠の平和を祈念して-   全国強制抑留者協会主催
ソ連領内の日本人収容所分布(1946年)

ソ連・外蒙内各地点死亡者発生状況外見図





伐採。  松・樅の大木を寒さの中、鋸、マサカリで引倒すのはきつい。疲労衰弱した体力でノルマ達成が悪戦苦闘。倒れる木でなぎ倒されるひともいた。
疲労した体は逃げようとしても身体が動かない。犠牲者も多かった。

厳寒の伐採作業と木材運搬。  ノルマを強制され切り倒した木材を、吹風の中を馬橇で運送する。馬橇運搬係は比較的ラクに見える。しかし、伐採と寸法通りの長さに切断することは大変だった。

寒い風の中、材木の輸送。  森林(タイガ)の中での作業。伐採した松、樅を運ぶ。

強制重労働。  少量粗悪な食事で衰弱した体力での重労働は困難。まき割り、水運びなど、作業に酷使される。全く非道だ。
遠慮のない「ダバイ、ダバイ(急げ、急げ)」の声が、追打ちをかける。休む暇もなく、亡くなるひとも多かった。

ラズドニヤ ラーゲルの中。  元ソ連軍の馬屋の中での生活。捕虜収容所。

死体を運び出す。  栄養不良でふらふらの仲間達が数名で、死体のタンカを運び、ツルハシや、スコップを持ちながらソ連の監視兵の許可を得て、柵の外へ出て死体捨て場へ運ぶ。

抑留当時の収容所、作業場、建築物等の現状。







地方建立慰霊碑。



アルチョム市 ウクロバヤ埋葬地 遺骨収集記録。

沿海州 アルセニェフ地内。

ソ連撮影 抑留記録。

厳寒と重労働。

ダモイ(帰国)。



抑留体験の労苦を語り継ぐ集い。  シベリアに抑留された貴重な体験をきかせていただいた。
苦しかった、つらかった体験・・・・を聞かせていただきました。ありがとうございした。

展示会場となった大子町文化福祉会館まいん

展示案内パンフレット、資料より
第二次世界大戦では、多くのひとが苦しんだ。
家族を残し、職を辞し、学業半ばで・・・、多くのひとが戦場にいった。
あるひとは傷つき、あるひとは戦死した。
戦争が、終わったにもかかわらず、満州にいた軍人、開拓団、義勇軍、看護婦など、6万人がシベリア各地に強制拉致された。
厳しい寒さの中、飢餓と、重労働、疫病なとで、6万人のひとが亡くなった。
・・・・
厳しい寒さの地に眠る、御霊の叫びを聞いてほしい。この方々は、戦争で命を落としたのではない。
敵の撃つ砲煙ののなかで死んだのではない。1945年8月14日、日本は、ポツダム宣言を受け入れた。
武装解除を受け入れ、砲弾も銃もとりあげられ、丸腰となった。戦争は終わり、日本に帰れると思った。
しかし、銃に威嚇され、シベリアに連れて行かれた。
千島樺太北朝鮮満州から、200万人の日本人が被害にあった。
多くの方が亡くなった。10万とも30万ともいわれる方が亡くなった。正確な数は今もわからない。
これは事実である。国家という背景を失った人々の悲惨と哀れがある。・・・。

本掲載内容は、会場の撮影許可はいただきましたが、掲載についての許可はいただいておりません。
掲載の都合がわるければ、お手数ですが tmtm@art.email.ne.jp まで、ご連絡をお願いいたします。