面野井古墳群(おものいこふんぐん) 2012/09/15 茨城県つくば市面野井
現地説明会に参加。面野井古墳群は,つくば市西部を南北に流れる東谷田川左岸の,標高約21mの舌状台地縁辺部にある。
古墳時代初頭の方形周溝墓や円墳。第11号墓から埋葬施設を確認。埋葬施設から,水晶製勾玉、ガラス小玉、管玉などが出土。

説明会は、11号、11号、13号。写真は、説明会場のパネルより。



11号墓。

方形周溝墓、舟形木棺とみられる痕跡。木棺は、残っていなかった。人骨もなかった。 写真は、説明会場のパネルより。

12号墓。

13号、円墓。写真右上に、今回は発掘していない部分がある。 しましまのの土の模様はゴボウを掘った後と思います。

水晶製勾玉 11号墓より。

ガラス小玉 11号墓より。

管玉(くだだま) 11号墓より。

11号墓より。