×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

  
飯塚伊賀七生誕250周年記念企画展・講演会 2012/09/29 つくば市役所 茨城県つくば市苅間2530番地2
つくば市庁舎1階情報コーナーで、谷田部出身、江戸時代の発明家といわれる「からくり伊賀七」飯塚伊賀七さんの企画展がおこなわれていました。
つくば市市制25周年、飯塚伊賀七さん生誕250年の記念企画だそうです。また、演題「からくりの歴史と飯塚伊賀七」鈴木さんの講演がありました。
お茶運び人形の実演もありました。写真は、カメラの設定ミスですべて不鮮明となってしまいました。
つくば市役所。

展示模様。大きな時計やそろばん、地図の測量に関するもの、伊賀七さん設計の建物などが、展示されていました。

講演会。お茶運び人形。

講演会。
からくり人形があり、現在のロボットがある。ロボットは武器をもっていない。機械だが、こころを持ったロボットとしたい。
日本の社会は、ロボットに親しみを感じ、違和感のないものとして受け入れる風土がある。欧米では違う。ロボットに人間や動物のような生物的イメージを求めることはない。
かつて、(ペット用?)ロボットを売り出したとき、日本はすぐに売りきれた。買った人は、それぞれのこのみで、服を着せたりしている。欧米では、犬などの生きたものがいるのに、なぜロボットが必要か、いらない。
欧米でロボットは売れない。日本人は、江戸時代から続いている「からくり」の伝統が、人間のように振る舞う人形に愛情を感じる風土がある。ロボットは機械だが、愛情をもって接していきたい。
文字をかく「文字書き人形」がある。・・・日本の人形は、特定の人向け、たとえば殿さま向け、ではない。からくり人形は、普通の人が見て楽しめるものとして考えられ、つくられてきた。