鹿島神社 かしまじんじゃ 祭神 武甕槌命 たけみかづちのみこと 那珂市鹿島1460 809年創建
武甕槌命 武道・相撲 伊弉諾尊が火神軻遇突智の首を切り落とした際、十束剣(とつかのつるぎ)天之尾羽張(あめのおはばり)の根元についた血が岩に飛び散って生まれた。雷神、剣の神。相撲の元祖ともされる。鹿島神宮の主神として祀られ鹿島神(かしまのかみ)とも呼ばれる。